<<Back
『嘘幻のディアノイア』
作者名
神宮寺飛鳥
文章種別
ライトノベル
カテゴリー ファンタジー(異世界)  冒険・旅 
要 素 異世界 ファンタジー 勇者 美少女 もう思いつかない 残酷な描写有り へこたれシリーズ
粗 筋 裕福な家庭で育った少年、本城夏流。家庭の事情から家を出て数年経ったある日、死んだはずの双子の妹からの手紙で一冊の書きかけの本に出会う。それは、彼女が生み出した異世界への道を開く扉だった。作り物の幻想世界で彼に与えられた役割は、『勇者』の少女を導く『救世主』。物語のバッドエンドを回避する為、妹の真意を知る為、少年の冒険が始まった。
レビュー (2013/08/29)
HTML5で表示
 Total 31 / 60    Rank    
 異世界移動ものだが、死んだ妹の遺した本の中の世界という設定で、他の異世界ものとは一線を画している。その設定のおかげで導入部は魅力的だが、物語は間延びしてしまっている印象を受ける。
 文章に工夫がみられる反面、作者の感情が上滑りしている部分も感じられ、文章表現の間違いも見受けられる。
 長所短所が共に多く、惜しい作品。

 文字数:1,160,000   状態:停止中 

[ 小説家になろう おすすめ レビュー ランキング 評価 感想 ]