<<Back
『シルヴァジェント大公記』
作者名
楓猫
文章種別
ライトノベル
カテゴリー ファンタジー(剣と魔法)  恋愛・ロマンス 
要 素 R15 残酷描写有 恋愛 ファンタジー 魔術 男装 傭兵 王 最強 夫婦 ライバル
粗 筋  聖エンダス公国の第6公女セラスティアは、その継承権は低いながら、身分を隠し男装して傭兵団をまとめ上げるだけの才覚の持主であった。ガルダ帝国との戦いに敗れたエンダス。戦後人質として指名されたセラスティアは、帝国の皇太子の側室として嫁ぐことになる。
レビュー (2014/03/29)
HTML5で表示
 Total 32 / 60    Rank    
 きっちりに作ってあり読みやすい。
 主人公が男前な女性というキャラクターなのはわかるのだが、その相手役も同じような面を持っているので、物語の魅力を減じているようにも見える。
 全体的にややおとなしい印象。
 文字数:330,000   状態:連載中 

[ 小説家になろう おすすめ レビュー ランキング 評価 感想 ]