<<Back
『天と地と狭間の世界 イェラティアム』
作者名
夜々里
文章種別
ライトノベル
カテゴリー ファンタジー(異世界)  シリアス・ドラマ 
要 素 ファンタジー バトル 成長 ハーレム
粗 筋  神が住まう天上。魔物が住まう地上。そして人が住まうのは狭間の世界……。狭間には浮遊する七つの大陸があった。大陸が下がれば強い魔物が多く現れ、大陸が上がれば魔物は現れずひと時の安寧を得られる。大陸浮遊の原動力を司るのは神より与えられし《運命の輪》。二千年の時を経て、その《運命の輪》に異変が起こり始める。
レビュー (2014/08/02)
HTML5で表示
 Total 45 / 60    Rank    
 総合的に高いレベルにある。特に、独自な世界設定をストーリーに自然に織り込みながらテンポを落とすことのない序盤の流れは見事だ。
 序章の構成は完全に計算されていて、安心して読んでいられる。ただ、少々計画通りな面が見えすぎるところがあるかもしれない。
 文字数:680,000   状態:連載中 

[ 小説家になろう おすすめ レビュー ランキング 評価 感想 ]